今月限りでPSGを退団するリオネル・メッシ。古巣バルセロナへの復帰が噂されるなか、MLSインテル・マイアミへの移籍が決まった。

そうしたなか、親友である元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの発言が話題になっている。

古巣マンチェスター・シティが戦うUEFAチャンピオンズリーグ決勝のためにイスタンブール入りしている彼はこう述べていたそう。

「バルセロナはメッシを復帰させるために十分なことをしなかった。ラ・リーガの状況や財政的問題があることは分かっている。

だが、レオは2021年のようにギリギリまで待たずに正解だった」

メッシはバルサとの契約を延長するはずだった2021年にPSGへ電撃移籍することになった。アグエロはその夏にシティからバルサに移籍していたが、メッシのまさかの退団でともにプレーすることは叶わず…。

【関連記事】「愛されていたのに、クラブと別れることになった10人のレジェンド」

アグエロは状況的な難しさに理解を示しつつ、もっとやれることがあったはずだとバルサの姿勢に苦言を呈していたようだ。

久保建英が電光石火のゴール!三笘薫も2ゴール!海外日本人選手の「最新ゴール動画」まとめ