日本フットボールリーグ(JFL)第27節ソニー仙台vs沖縄SVがきょう4日行われ、今季限りでの引退を表明している沖縄SVの元日本代表FW高原直泰が今季JFL2得点目となるゴールを奪った。

0-2の後半16分に左サイドでボールを受けた沖縄DF安藝正俊がボールを受けてゴール前にクロスを供給すると、ペナルティーエリア内に侵入した高原が頭で合わせてゴールを奪った。これで今季リーグ戦22試合で2ゴールとなった。

(動画は1:29:47から)

今年8月31日に今季限りでの引退を表明をしている高原はリーグ閉幕が迫る中で、ゴールを挙げて見せた。これまでJ1、J2、J3、JFL、地域リーグ、県リーグとほぼすべてのコンペティションでゴールを挙げているレジェンドストライカーの実力は健在だった。

ファンは「本当すごいよ高原!!」、「まだ引退しないで」、「まだやれるのでは」とレジェンドのゴールを称えていた。

【関連記事】Youtuber那須大亮が現役復帰!「引退を撤回した世界のスーパースター」10名

チームは高原が得点するも、2-3で惜敗した。次節は12日午後1時にホーム・沖縄市コザ運動公園陸上競技場でレイラック滋賀と対戦する。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名