リヴァプールの得点源として活躍してきたエジプト代表FWモハメド・サラー。

ジョゼ・モウリーニョ監督時代のチェルシーが獲得するも、重用されずにローン先のセリエAで覚醒した。

そうしたなか、フィオレンティーナでサラーと同僚だった元イングランド代表DFマイカー・リチャーズは、BBCの番組でこう話していた。

「何度も言ってきたけれど、理解できないよ。彼はアンビリーバブルな存在だった。

チェルシーが彼をローンで放出したことは理解できない。

練習ではドリブルで全員を抜き去ってゴールする。試合でも全く同じことをやったよ。

『どうしてだ?なぜ彼はチェルシーでプレーできないのか』って感じだったね。

だから、彼は腐った卵(ろくでなし)に違いないと思った。

なぜなら、(チェルシーでプレーできない理由が)サッカーの能力であるはずはないからね。

実際には、彼は自分が出会ったなかで一番素敵なやつでもあったよ」

圧倒的なプレーをしていたため、なぜチェルシーで起用されなかったのか全く理解できなかったとか。

【関連記事】「モウリーニョと喧嘩別れした7人のスター」

プレーではなく性格が悪いと疑ったものの、人格的にも文句なしだったとのこと。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら