サッカー界きってのビッグマウス、ズラタン・イブラヒモヴィッチ。

チェルシーとのUEFAチャンピオンズリーグに先駆け、英国『Telegraph』が彼の20の名言を厳選していたのでご紹介!

【Zlatan Ibrahimovic: The 20 most ridiculous things he has ever said from Telegraph】

1. 「ズラタンはオークションを受け付けていない」
―マルメ時代、噂されていたアーセナル移籍について

2. 「一切買っていない。飛行機を注文したよ。めっちゃ速いだろ?」
―ポルシェの購入を尋ねられて

3. 「自分がどれだけ完璧かを考えると、笑いが止まらないよ」

4. 「一つ確かなことは、オレのいないワールドカップなんて見る価値がない」
―ポルトガルとのプレーオフに敗れ、2014年W杯出場権を獲得できなかった際に

5. 「カリューがサッカーでできることなんて、オレはオレンジでもできるよ」
―元ノルウェー代表FWヨン・カリューに批判され

6. 「何もない。彼女にはもうズラタンがいる」
―奥さんへの誕生日プレゼントについて

7. 「今、アパートを探しているんだ。もし何も見つからなかったら、ホテルくらい買っちゃおうかな」
―パリで新居の購入に苦戦していた際に

8. 「オレが左に行くと、彼もそうした。そしてオレが右に切り返すと、彼もまたそうした。そしてまたオレが左に行くと、彼はホットドッグを買いに行ったよ」
―リヴァプールDFステファヌ・アンショズとのマッチアップを振り返り

9. 「どこが優勝するかなんて関係ない。オレはバカンスに行くところなんだ」
―ユーロ2012の予選で敗退した際に

10. 「オレを獲得するということは、フェラーリを1台買うことだ」

11. 「ズラタンが怪我をすると、どんなチームにも超深刻な事態になる」
―自身の負傷がチームに与える影響について

12. 「オレの家に来いよ。君の姉妹を連れてさ。誰がゲイか教えてやるよ」
―ゲイ疑惑を問われ

13. 「オレも花火は好きさ。けど、オレは庭とケバブスタンドにぶっ放したよ。自分の家に向けてしたことはない」
―マリオ・バロテッリの花火騒動について

14. 「ズラタン流!」
―自身が「スウェーデン流」か「旧ユーゴスラビア流」のどちらかを問われて

15. 「オレは11のポジションでプレーできる。なぜなら、良い選手というのはどこでもプレーできるからね」

16. 「前に一度、全身黒色のランボースタイルに着飾り、大きなボルトカッターを買い、軍事用二輪車をつけた」

17. リポーター「ワールドカップのプレーオフを勝ち抜くのはどのチーム?」
ズラタン「神だけが知っているさ」
リポーター「神に尋ねるのは難しそうね」
ズラタン「なんでだい?君は今、その神を見つめているじゃないか」

18. 「オレはおまえを意図的に怪我をさせたわけではないし、そのことは知っているだろう。もし再びオレを非難するなら、おまえの両足を折る。その時はもちろん意図的にだ」
―アヤックス時代の同僚ラファエル・ファン・デル・ファールトとのやりとりについて

19. 「オニェウは重量オーバーのボクサーに似ている。身長は198cmくらいあって、体重は95kgを超えているよ。だけど、彼はオレを取り扱えないよ」
―ミラン時代の同僚DFオグチ・オニェウについて

20. 「来夏、もしルーニーがまだ移籍を望んでいるのなら、彼にパリで一緒にプレーしようと話すよ。だけど、彼は自分よりズラタンの方がゴールするってことを知ることになるね」