まもなく折り返し地点を迎えるセリエA。6日には第18節の9試合が行われた。

ここまで首位のインテルはマウロ・イカルディの先制点を守り切って勝利。追走グループでもフィオレンティーナ、ユヴェントス、そしてこの日最後に行われた試合では2位タイのナポリがトリノを下して勝ち点3を積み上げた。

そのナポリの先制弾が見事だった。

ゴンサロ・イグアインのダイレクトパスでサイドに出たボールをホセ・カジェホンが落とすと、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェがなんとダイレクトでシュート。

ボールは鮮やかな弧を描きながらゴールマウスへ収まった。

このスーパーゴールで今季8点目をあげた163cmの“小さな巨人”は、同点に追いつかれて迎えた41分にもマレク・ハムシークのゴールをアシスト。2-1の勝利に大きく貢献している。