先日行われたリオ五輪サッカー競技でベスト4に入り、三位決定戦でホンジュラスを破って銅メダルを獲得したナイジェリア代表。多くのトラブルが発生する中での結果に称賛が集まった。

そして、日本の高須克弥医師がその銅メダル獲得に合わせて総額39万ドル(およそ3887万円)のボーナスを送ったことでも話題になり、リオデジャネイロで小切手を手渡ししたことがメディアで大きく報じられた。

しかし、その周辺の状況については、日本のメディアではあまり報じられていないという事実もある。

ナイジェリアの青年スポーツ省、そしてスポーツ大臣を務めているソロモン・ダラング氏は、これらの資金が不透明なところから出ている可能性があるとして調査を行うことを公言した。

また、ナイジェリアサッカー連盟側にも騒動が発生している。

銅メダルを前にした状況でボーナスの話があった際、メディアや関係者から「ナイジェリアサッカー連盟がそれらの賞金を管理することと要求した」と伝えられたのだ。元代表選手からもそれらの証言が発せられている。

ナイジェリアサッカー連盟は「主権国家としての寄付のプロセスを経由すべき」というだけの話だったと伝え、これらの意思を持っていることを否定している。ただ、当のジョン・オビ・ミケルから以下のような発言があったと『Africanfootball』が伝えている。

ジョン・オビ・ミケル

「我々はこの問題を解決した。サッカー連盟にこの現金は手渡さないだろう」

つまり、対立しているスポーツ省とサッカー連盟がともにお金の出所を調査すべきという姿勢を持っているということになる。

それに対し、ナイジェリアU-23代表監督のサムソン・シアシアは以下のように話し、その両者による干渉に苦言を呈した。

サムソン・シアシア

「それらの男たちは、あらゆる整合性のチェックを求めている。しかし彼らが今まで何をしてくれたというのか? 

知っているかい。我々が帰国してから、ナイジェリアサッカー連盟の誰からも、スポーツ省の誰からも何の電話もない。「よくやった」とも言われない。会長がやってきてそう話しただけだ。選手がポケットに100ドル(およそ1万円)も持っていない状況なのに、彼らに説教をしたがっている」