英2部で痛ましいアクシデントが起きてしまった。

リーグ第38節、ブリストル・シティ対ハダーズフィールド・タウン戦の前半に…。

味方選手に顔面から激突してしまったハダーズフィールドMFジョナサン・ホッグ。

首を痛めた彼はプレー続行不可能となり、ストレッチャーで搬送されることに…。試合が10分ほど中断されるほどの事態だった。

その後、ハダーズフィールドはホッグの怪我について発表。検査の結果、頸椎の骨折が判明したという。ただし、軟部組織の損傷はなく、すでに退院もしている。

幸い危機的な状態には陥らなかったものの、残りシーズンは全て欠場になる見込み。ハダーズフィールドは現在3位につけており、今季30試合に出場していたホッグの離脱はプレミアリーグ昇格を目指すチームにとって痛手となりそうだ。