開幕前恒例のスーパーカップ。トルコではリーグ覇者ベシクタシュとカップ戦王者のコンヤスポルが対戦した。

だが、試合中にこんなシーンがあったそう。

ベシクタシュFWリカルド・クアレズマが拾い上げたのは、バタフライナイフ!?

この試合はトルコのサムスンという都市で行われたという。

『Gazete Duvar』によれば、1-1というスコアだった場面でコンヤスポルファンが侵入。その後、クアレズマはナイフを見つけたそう。そして、これはコンヤスポルサポーターが投げ入れたものだとも。

さらに、試合後にも両チームのサポーター同士の乱闘があったようだ。

『haber1903』によれば、大勢のコンヤスポルファンがピッチ上に侵入し、クアレズマを攻撃しようとする出来事もあったそう。それが起きたのは試合後という情報もある。

現地メディアによれば、コンヤスポル側には何らかの処分が下される可能性もあるようだ。

今夏、ポルトガル代表DFペペ、元スペイン代表FWアルバロ・ネグレドらを補強したベシクタシュ。だが、1-2でこの試合に敗れている。