ACL公式Twitterの日本語版は23日夜、元日本代表FW永井雄一郎が「アカウントを乗っ取る」と公式発表した。

明日25日に埼玉スタジアムで開催されるACL決勝の第2戦、浦和レッズ対アル・ヒラル(サウジアラビア)。浦和にとっては10年ぶり2度目のアジア制覇を目指す決戦となる。

その10年前、セパハン(イラン)を破るゴールを決め、浦和を頂点へと導いた元日本代表FW永井雄一郎(ザスパクサツ群馬)が今回、ACLの公式Twitterアカウントをジャックするのだそうだ。

「皆さんこんにちは。永井雄一郎です。浦和レッズが進出したAFCチャンピオンズリーグ決勝にて、僕がAFCオフィシャルレポーターを務めることになりました。

決勝前日には記者会見にも出席します。そこで、皆さんから質問を募集してチームに聞いてみたいと思います。ACLオフィシャルツイッター(宛て)に送ってさい。

また、ACLオフィシャルのフェイスブック、ツイッターのフォローも宜しくお願いします」

永井は1997~2008年まで浦和でプレーし、279試合63得点を記録。38歳になる現在も現役でプレーしている。

“乗っ取る”とはもちろん比喩的な表現だが、決勝2ndレグで永井がACLの公式レポーターを務めることになったとのことだ。

それに際し、永井は記者会見で質問してほしいことを募集している。この会見は試合前日、つまり本日24日に行われるのだが、当日朝の時点でまだ数えるほどしか質問が寄せられていない。アカウントをお持ちの方は、@TheAFCCL_jpまでどんどん送ろう!