クラブワールドカップ2017の5位決定戦に勝利した浦和レッズ。

レアル・マドリーと対戦するという夢は潰えたものの、浦和はこれで「世界5位」という称号を獲得し、150万ドル(およそ1億7000万円)の賞金を手に入れた。

その結果を受け、FIFAのInstagramがこんな写真を投稿していた。

アップされていたのは、スタジアムで涙する浦和ファンの姿だ。

キャプションには以下のようなコメントがあった。

「これがフットボールだ。
日本の浦和レッズは、試合がどのように進もうが落ちることのない声量を持った情熱的なファンをUAEに連れてきた。
彼らにとって重要なのは、試合でなく結果でもなかった。それはチームであったのだ」

こうした熱いファンがFIFAに紹介されるのは、日本のサッカーファンとしても誇らしいのではないだろうか。

※2017.12.14 17:30 一部加筆修正しました。