今では当然のようにリリースされている、フットボールチームのウィンドランナー。2015年にバルセロナとパリ・サンジェルマンの2チームでのリリースから始まり、現在ではNikeがサプライする多くのクラブ・代表チームでラインナップに含まれている。

Nikeを代表するアパレルのウィンドランナーは、元は陸上トラックのランナーのために作られたウェア。胸のV字型26度のチェストパネルがシンボリックなデザインだ。全天候型ジャケットで、トレーニングウェアとしてだけではなくタウンユースとしても人気が高い。

今回はトレーニングウェアなどギア系が根強い人気を持つローマのウィンドランナーから、国内外で販売されている2017-18モデルを紹介したい。

ローマ ウィンドランナー ジャケット 883536-224

ヴェルヴェットブラウン/ヴィヴィッドオレンジ

ローマ 2017-18 Nike オーセンティック ウィンドランナー

濃いブラウンを基調としたウィンドランナージャケットで、色と幾何学模様デザインは今季のサードユニフォームと同じ。“ヴィヴィッドオレンジ”はスウッシュ(Nikeロゴ)部分に使われている。

素材はポリエステル100%。エンブレムとスウッシュは熱圧着。両脇のポケットはジッパー付き。裏地はメッシュ素材で、フードは頭をすっぽりと覆うスキューバフードを採用している。これは各品番で共通の仕様だ。

ローマ 2017-18 Nike オーセンティック ウィンドランナー

背面にはベンチレーション機能を装備。全天候型だけあってウィンドランナーは防水性・通気性に優れている。

ローマ ウィンドランナー ジャケット 886823-613

チームクリムゾン/ユニバーシティゴールド

ローマ 2017-18 Nike オーセンティック ウィンドランナー

V字の切替しを境に、チームカラー“ジャッロロッソ”(イエロー/レッド)をカラーリングしたウィンドランナー。最もローマらしいデザインと言える。