2004年5月26日。ドイツ、ゲルゼンキルヘンで誕生したヨーロッパ王者は、あまりにも意外なダークホースだった。

前年のUEFAカップ優勝に続き、UEFAチャンピオンズリーグも制したポルトガルの強豪、ポルト。後にポルトガル代表の中心選手として活躍するリカルド・カルヴァーリョやマニシェ、コスティーニャといった選手を中心に据え勝ち進み、ヨーロッパにその名を轟かせた。

そんなポルトの司令塔といえば、元ポルトガル代表のデコであろう。

ポルトやバルセロナ、またチェルシーで活躍したデコは現在36歳。2010年からはフルミネンセでプレーし現役を引退していたのだが、このほど、かつて栄光の時を過ごしたポルトで豪華すぎる記念試合(Testimonial Match)が行われるという。

この試合はデコの功績を称えるもので、デコがチャンピオンズリーグを制覇した2004年のポルト、そして2006年のバルセロナのメンバーを集めてキックオフされる。

驚くべきはその豪華なメンバーだ。

なんと、現在チェルシーで指揮をとるあのジョゼ・モウリーニョ監督がポルトの監督に就任し、リカルド・カルヴァーリョやパウロ・フェレイラも出場。

対するバルセロナにはリオネル・メッシやロナウジーニョ、サミュエル・エトーやヘンリク・ラーションも出場予定で、デコから大きな影響を受けたというチャビ・エルナンデスとアンドレス・イニエスタもW杯を終えた後のコンディション次第で参加する可能性があるという。

いくらテスティモニアルマッチといえど、他のクラブの現役監督がその他のクラブで指揮をとるというのはなかなか実現しがたい話だろう。デコという選手の影響力の大きさが分かるラインナップであると言えよう。

アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ、“デコ”記念試合は日本時間7月26日(土)午前3時45分よりキックオフ予定