オランダが王者スペインを撃破した試合で2得点の活躍を見せたアリエン・ロッベン。 特にロングパス一本でスペインDFをぶち破った2点目は驚異的だった。

そのゴールについてオランダの『telegraaf』はフットボール界における世界最高速だったと伝えた。 なんでもロッベンが記録したスピードは時速37キロ。一方、追いすがったセルヒオ・ラモスは30.6キロだったという。


ロッベンのこのスピードだと100メートルを10.28秒で走る計算で、これまでの最速とされたウォルコットの時速35.7キロを上回るものだとしている。

先日、 『Mundo Deportivo』がFIFAのデータだとして発表した数値で最速だったのはエクアドルのアントニオ・バレンシアで35.1キロ。ロッベンが今回記録したという数値が正しければ、世界最速フットボーラーの称号は彼のものになるかもしれない。

【厳選Qoly】三浦颯太が最新!川崎フロンターレ、全員日本代表の“裏番”「背番号13の系譜」

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら