7月31日、コートジボワールサッカー連盟は「新たな代表監督としてエルヴェ・ルナール氏を招聘した」と発表した。

エルヴェ・ルナール氏は1968年生まれの45歳。ザンビア代表チームを率いて2012年のアフリカネイションズカップを制した経験を持つ同国の英雄的存在であり、奇しくもその大会の決勝で戦ったのがコートジボワールであった。

昨季途中にフランス・リーグアンのソショーの監督に就任するも、降格を避けることが出来ずに今夏退任。ウェストハムやバーゼル、リヨンなどが興味を示していたといわれているが実現せず、フリーの状態となっていた。

コートジボワール代表は先日まで行われていたワールドカップで結果を出すことが出来ず、グループステージで敗退。サブリ・ラムーシ前監督との契約を更新せず、1月に開かれるアフリカネイションズカップに向けて新たな指揮官を探していた。