ブラジル・ワールドカップにおいて世界から称賛された日本人サポーターたちの試合後のゴミ拾い

この行為を現地ブラジルのクラブが模倣したと『globo』が伝えている。

マネをしたのはアトレチコ・パラナエンセで、アレナ・ダ・バイシャーダでのヴィトーリア戦においてクラブはサポーターたちに2万枚のゴミ袋を配布したという。

なんでもアトレチコ・パラナエンセは昨季起こしたヴァスコサポーターとの大乱闘でホームスタジアムでの試合を12試合も禁じられていたそうで、クラブとしてはスタンドにおけるサポーターたちの振る舞いを変えたいという意向もあるそうな。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】