13日、キプロスの審判協会のオフィスで爆弾が爆発したと『BBC』が伝えた。

それによれば、月曜日ニコシアにあるキプロスの審判協会のオフィスが爆発のターゲットにされたという。 地元警察は建物の外で小さなパイプ爆弾が爆発したことを確認しており、わずかながら損害も出ているという。

なんでもキプロスの審判委員を巡ってはリマソールにある副審の自宅に火炎瓶が投げつけられる事件があったばかりだったそうだ。 また、今年初めにはキプロスの著名な国際審判と協会会長の車が爆発で損害を受ける事件も起きている。