『Sky Italia』は「ACミランのフィリッポ・インザーギ監督は、パレルモが勝利に値する試合をしたと話した」と報じた。

2日に行われたセリエA第9節でパレルモと対戦し、ホームで0-2と敗れたミラン。23分にはアレックスの負傷によって途中出場したサパタのオウンゴールで先制され、直後にディバラに追加点を許し、最後まで反撃が実らなかった。

試合後、インザーギ監督は自分たちが質を欠いていたことを認め、パレルモが勝利に値するサッカーをしたと話した。


フィリッポ・インザーギ ミラン監督

「これがサッカーだ。私は昨日、パレルモは強いといった。3-3だったナポリ戦でも非常によくやっていた。

スタートは悪くなかった。トーレス、ポーリがチャンスに近づいた。それらが決まっていれば違った試合になっていただろう。しかし、パレルモが試合を打開したので、勝利に値する。我々は脱帽しなければならない。我々はこのパフォーマンスを補うため、来週末のサンプドリア戦を楽しみにしている。

アレックスはすぐに退場しなければならなかった。サパタはウォームアップなしにピッチに入らなければならなかったし、ただちに痛みを抱えることになった。それがこの夜の一つの出来事だった。

私は監督だ。どこで過ちを犯したかを分析したい。しかし、このチームは成長しなければならない。これは大打撃であったが、我々は復活するよ」