今、Qolyでも猛プッシュしている新たなFK職人ハカン・チャルハノール。

#champions #league #asMonaco #bayer04 

Hakan Çalhanogluさん(@hakan_c10)が投稿した写真 on

その精度は驚くしかなく、今シーズンここまであげた5ゴールのうち、直接FKでの得点はなんと4つ。シニシャ・ミハイロヴィッチやデイヴィッド・ベッカム、ジュニーニョ・ペルナンブカーノといったサッカー史に残る名フリーキッカーの域に到達できそうなタレントであり、今ドイツで最も注目されるアタッカーである。

そんなハカン・チャルハノールは11月に行われる代表メンバーに招集されなかった。先日行われたDFBポカールのマクデブルク戦で負傷したためだ。ハカン・チャルハノールはチームに残ってコンディション調整に務めているようなのだが、レヴァークーゼンの練習で自慢のFKをまたもやバシバシ決めていたようだ。

Video Analyse / Freistoß #freekick #training #2part

Hakan Çalhanoglu (@hakan_c10) tarafından paylaşılan bir video on

お見事の一言。ゴールやや右、20m近辺からのキックを4本ゴールに突き刺したハカン・チャルハノールはこの映像を自身のInstagramに投稿し、"Video Analyse(ビデオ分析)"のキャプションを付けた。

ハカン・チャルハノールは以前にも自身のInstagramにFK練習の様子を投稿していた。どうやら定期的に自分のキックを映像で確認しているようだ。世界屈指の高精度キックとは、こうしたたゆまぬ努力の成果なのであろう。