日本代表MFでアイントラハト・フランクフルトに所属する乾貴士が、Twitter上でバイエルンに所属するFW岩渕真奈と仲睦まじい会話を展開している。

全ての会話の始まりは、乾が投稿したこんなツイートだった。

先週末、シャルケとの試合に勝利したアイントラハト・フランクフルト。内田篤人との日本人対決が期待されたものの乾に出場機会はなかった。

そして週が明けた現地時間16日(月)、乾はオフを利用し観光に向かう。ドイツで最も有名な城の一つで、ハイデルベルクの象徴としても知られるハイデルベルク城である。

アイントラハト・フランクフルトのホーム、コメルツバンク・アレーナからは車で57分ほど。ドライブにはちょうどいいくらいの距離感である。

そんな“プチ旅行"とも言える乾の投稿に対し、岩渕はどんな風にメッセージを送り、それに乾はどう返したのだろうか?

それではここから、両者の仲睦まじい会話の様子をしばらくご覧いただこう。

学年でいえば4つ、年齢でいえば5つ離れている両者だが、Twitter上で12往復にもおよぶリプライを飛ばし合いその相性の良さを見せた。おそらくドイツでの生活が長く、交流があるのだろう。

なお、岩渕は現在負傷しておりリハビリ中である。

ポルトガルで来月開催されるアルガルベ・カップに向けた日本代表メンバーにも招集されておらず、6月にカナダで行われる女子ワールドカップでの代表復帰を目指す形となっている。