・プレミアリーグへの移籍が噂されているドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに関しては、ルンメニゲ会長が『Kicker』に対して「彼を売ることはない」と明言している。

・『Times』は「バイエルン・ミュンヘン会長のルンメニゲ氏は、トーマス・ミュラーについて『売らない』と明言した」と報じた。マンチェスター・ユナイテッドが狙っていると言われる。

・ケガで離脱しているホルガー・バートシュトゥーバーの復帰時期に関しては、ルンメニゲ会長が『Kicker』に「あと一ヶ月程度で戻れる」と話している。

・『Express』は「バイエルン・ミュンヘン、アーセナル、リヴァプールらがフランスU-21代表FWキングスレイ・コマン(ユヴェントス)の獲得を検討している」と報じた。

・『RAC1』は「バイエルン・ミュンヘンは、バルセロナBの元スペインU-19代表FWアダマ・トラオレの獲得を考えている」と報じた。契約解除条項は1500万ユーロ(約20.5億円)。


【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら