ダレン・フレッチャー
(WBA&スコットランド代表MF)

「誤解しないで欲しいんだけど、僕はしっかりフードを被っていたし、慎重に慎重を期して歩いていたんだよ。

いくつか視線を感じたことはあったけど、それは『そんなはずはないな』という感じだったよ。そして、僕はチケットを手に入れて、ファンと仲良くなった。

僕は大きなサッカーファンだ。おかしいと思われるかもしれないけど、僕はそんなに有名だとは思ってないんだ。

それが好ましいし、全然問題ない。サッカーが懐かしかったし、チームを見たかった。ファンと共にアウェーゲームを見る経験がしたかったんだ。

僕はアウェーのファンについて十分に話すことは出来ない。オールド・トラッフォードの雰囲気はファンタスティックで、チャンピオンズリーグの夜はまさに別格だ。

しかし、アウェーに駆けつけるファンは特別だ。クラブでプレーしている時、僕はそれを理解した。

本拠地から離れても、激しく歌って応援してくれる、本当に素晴らしいファンを持っている。

彼らはものすごい情熱を備えていて、最後まで戦い続けるユナイテッドのファンだ。僕はその一員になりたかった。

僕はファンの中に加わった。なぜなら僕は身体的な問題で練習に戻れずにいて、ファンとしてマンチェスター・ユナイテッドを見たかったからだ。ファンとしての経験をしてみたかったし、その中に入りたかったんだ」
9/29(水) 19時00分~ 生中継!川崎フロンターレvsヴィッセル神戸