その6

「僕はちょっと悲しいのかもしれない。それが、ゴールを祝わない理由さ」

2012年9月2日の発言。こうも明言していた。「パーソナルなことじゃない。でもプロフェッショナルなことさ。クラブにいる人間はすでに分かっている。僕が何のことを言っているかね」

その7

「もし思っていることを全て口にしたなら、自分は刑務所行きだろうね」

2014年8月29日の発言。リオネル・メッシがW杯でMVPに選ばれたことについて、聞かれ…。

その8

「もし僕が彼のことを打ちのめすつもりだったなら、彼は起き上がれなかっただろう」

2016年1月17日の発言。スポルティング・ヒホン戦でMFナチョ・カセスを蹴りつけたシーンについて。

その9

「一緒に食事をして、キスやハグをすることに何の価値もない」

2016年2月16日の発言。メッシ&スアレス&ネイマールの良好な関係性を“口撃”。「ベンゼマと外食しに行く必要はないし、ベイルも僕のところにやって来る(必要はない)。僕らはプロフェッショナルだ」

その10

「もし全員が僕のレベルでプレーしていたら、首位だ」

2016年2月27日の発言。アトレティコとのダービーに敗れ、首位バルサとの勝ち点差が12ポイントに開いた後に…。