クリスティアン・ブロッキ

(マリオ・バロテッリはハーフタイムに下がった。それはミランでのキャリアの終わりを意味する?)

「私は、態度という点で何かを与えてくれる選手を求めている。彼はその結果で応えたわけだ。しかし、正直に言えば、私はハーフタイムに4~5人は替えたかったよ。

私はルイス・アドリアーノを入れた。なぜなら彼は努力をしていたし、常に正しい態度で入っていくからだ。

我々は複数の戦術的状況に準備しなければならないし、誰もがそう見ているように、ローマの2点目は間違いなく回避できたものだ。

今週はそれについて話してきたが、それにもかかわらずまだ非常にナイーブな動きを見せたことに驚かされた。

私の願いは、全ての選手が自身を見つめ直し、持っている全てのものを発揮することだ。さもなければ、それは何かを変化させることを難しくさせる。監督にとってはね。

数人の選手たちは、これまでカップ戦のファイナルに出場したことがない。そして、彼らにとっては唯一無二のチャンスになるかもしれないのだ」

(アッビアーティが引退を表明した。しかしサン・シーロのラストで出場させられなかったね?)

「サッカーから離れるということは、最も難しい判断だ。しかし、選手がそう判断したというのであれば、強制的にそうさせられるよりはずっと良い。

アッビアーティは偉大な男だ。そして私にとっては兄弟のような存在だ。彼のことを気にかけているし、彼が引退しても偉大な王者であることが嬉しい」