EURO2016の開幕が近付き、uefa.comでは「ALL-TIME EURO 11」という投票企画が開催されていた。

こちらはタイトル通り、過去にEUROに出場した選手の中からドリームチームを選ぼうというもの。

特設サイトが用意されるなどなかなか手の込んだ企画だったのだが、このほど最も得票数の高かった11人が発表されている。

GK:ジャンルイージ・ブッフォン(イタリア)
DF:パオロ・マルディーニ(イタリア)
DF:フランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)
DF:カルレス・プジョル(スペイン)
DF:フィリップ・ラーム(ドイツ)
MF:ジネディーヌ・ジダン(フランス)
MF:アンドレア・ピルロ(イタリア)
MF:アンドレス・イニエスタ(スペイン)
FW:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
FW:ティエリ・アンリ(フランス)
FW:マルコ・ファン・バステン(オランダ)

UEFAによれば、今回集まった票数は340万6590。

「歴代」とは言いつつも、やはり2000年代以降の選手が高い得票数を得たようだ。

なおこの企画では、ユーザーの国籍(あるいはその国のファン)ごとのベストイレブンも発表されており、例えばロシアであれば伝説的GKレフ・ヤシンが、クロアチアであればFWダヴォール・シュケルが選ばれるなど、かなりエリアによって得票数が違っているようだ。

詳細は特集ページから!

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら