『Liverpool Echo』は「リヴァプールGKシモン・ミニョレは、怪我で長期離脱となったGKロリス・カリウスを応援した」と報じた。

先日行われたチェルシーとのプレシーズンマッチで左手を骨折し、プレミアリーグ開幕を前に長期離脱となったロリス・カリウス。

アンフィールドで今季守護神を務めるのではないかと言われていた彼にとっては非常に痛い不運であり、ファンからは嘆きの声も。

逆に彼とポジションを争っているシモン・ミニョレにとっては大きなチャンスにもなると考えられたが、彼は取材に対して以下のように話し、カリウスを応援するコメントを発した。

シモン・ミニョレ

「僕は、ロリス・カリウスのすべてがうまく行ってくれることを願うよ。この怪我からもっと強くなって戻ってくると確信している。

誰も、このスカッドから選手を失うことを求めていない。そして、我々は今何人もの負傷者を抱えている。

自分はただ冷静でいる必要がある。自分自身を、そして試合やトレーニングでのパフォーマンスを見つめなければならない。

血に足をつけて、激しい努力を続けなければならないんだ。

僕はこれ以上話したくない。なぜなら、僕はピッチ上での自分で語りたいからだ。ピッチ上でベストな自分を出せるかどうかに関わってくる。

今ロリスが怪我をしているということは、自分の足から力を奪うことを意味しない。何も変わることはないのだ」