『FourFourTwo』は「サンダーランドのデイヴィッド・モイーズ監督は、ペップ・グアルディオラも自分と同じ状況にあると語った」と報じた。

ここまで8試合を戦って2分け6敗と低迷。サンダーランドはまだ勝ち点2に留まっており、プレミアリーグ最下位に沈んでいる。

今週末は同じく苦しんでいるウェストハム・ユナイテッドとの試合を迎えるが、それを前にしてデイヴィッド・モイーズ監督は以下のように話した。

デイヴィッド・モイーズ

「我々は幾つかの際どい試合を経験してきた。それに直面してきたのだ。もしその一つに勝利していたら、大きく違っていたよ。しかし、我々はそれに失敗したし、治癒が必要だ。

一つの勝利があるかないか。それが大きな違いになる。自信をもたらしてくれるし、チームの構築を始めるチャンスを与えてくれる。

私は今週多くのサポーターと話した。彼らは何が必要なのかを理解してくれている。

君たち(メディア)から大きなプレッシャーを受けている。サポーターはとても素晴らしい。

ポイントを取れというプレッシャーは全てのマネージャーにあるものだ。それはサンダーランドであろうが、マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラでもだ。対極にあっても同じようなものだ」