リヴァプールが、若き長身選手を獲得することになったようだ。『Dailymail』などが伝えている。

移籍がほぼ決まったとされているのは、英3部のベリーに所属するDFエメカ・オビ。ナイジェリアにルーツを持つ彼は2001年生まれの15歳。今年8月に15歳と86日でプロデビューした逸材で、すでに身長は6フィート5インチ(195cm!)に達しているというから驚きだ。

ベリーのデイヴィッド・フリットクロフト監督は彼について、「この国全体で最も才能のある15歳だ」と絶賛しているという。

この夏にはストークでトライアルも受けていたというが、リヴァプールとベリーはすでに移籍について合意に達しており、あとはビザの問題だけが残っているようだ。