クリストフ・クラマー

「僕にとって、ミランとベルルスコーニは一体だった。ベルルスコーニなしのミランは考えにくいね。

しかし、マンチェスター・ユナイテッドにおけるアレックス・ファーガソン、アーセナルにおけるアーセン・ヴェンゲルのようなものだ。

彼らはそこで重要な章を書き加え、それぞれのクラブの歴史となった。

現代のサッカーにおいては、即座に成功を収めなければならない。焦りがあるし、誰もが忍耐を欠いている。

僕はベルルスコーニがなぜクラブを売ったのかわからないが、彼は明らかに自分の行動に確信を持っているだろう」

(ミランにはビアホフやツィーゲがいたね?)

「彼らがミランのシャツを着ていたことを知っているよ。そして、彼らはミランで勝利を収めた。ただ、僕は彼らがミランにいたことが記憶にはあまりないんだ。

僕が忘れられないミランは、アンドレア・ピルロ、クラレンス・セードルフ、そしてカフーだよ。すさまじいチームだった」