アメリカでのインターナショナル・チャンピオンズ・カップで実現したレアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコ。

バルサが3-2で勝利した一戦において、クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは2点目のゴールを決める活躍を見せた。

だが、主審を務めたメキシコ系アメリカ人のハイル・マルフォ氏との間に問題が起きていたようだ。

『Marca』によれば、試合後こう述べていたという。

イヴァン・ラキティッチ(バルセロナMF)

「僕のことを知っている人々なら、僕を怒らせることは難しいと分かっているだろう。でもあのレフェリーはそれをやった。

彼は僕のことをひどく侮辱した、3回もね。

普段の僕は審判たちに対して多くの敬意を払っている。

でも彼らが自分に対してそれを示さないのは嫌だね」

主審側の意見も聞かなければ、真偽のほどは分からないが…。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★