20位 チェルシー(アウェイ)

チェルシーの非常にクラッシーなアウェイユニ。NIKEが手掛けるユニは、このチェルシーも例外なくスタイリッシュだ。ちょっと雑かもしれないが…。

19位 ナポリ(ホーム)

いつもよりも抑え目のナポリのホームユニは、ボディより濃い色合いの素敵な襟によって魅惑的になっている。この色はサイドとクラブエンブレムの縁にも使われている。

18位 フェイエノールト(アウェイ)

フランス人音楽家レオ・フェレが歌ったロッテルダムについて歌詞と、このユニフォームは同じ感じだ。自分では着たいとは思わないが、楽しい理由はいっぱいある。

映画『マトリックス』のようなグラデーション、adidasのスリーストライプスは肩ではなくサイドに、そして丸襟。UFOじゃん。

17位 ブレンビューIF(ホーム)

ブレンビューIF(ホーム)

我がGQが誇るファッションエキスパートはこう評価した。「本当に美しいとするには悪すぎるし、完全に醜いとするには良すぎる」と。

神話的なデンマークのブレンビューのユニフォームは、サッカーファンの友達たちのなかで目立つことだろう。

【次ページ】オランダからも!