『Liverpool Echo』は20日、「エヴァートンは、ルイス・ファン・ハール氏を新監督に選ぶ可能性が高まっている」と報じた。

先月ロナルト・クーマン監督を解任したエヴァートン。暫定的にデイヴィッド・アンズワース氏を指揮官に据えたものの、成績は改善されていない。

ワトフォードのマルコ・シウヴァ監督にアプローチしていたと言われるが、そのオファーは2度にわたって断られているとのこと。

そして今回浮上してきたのが、元マンチェスター・ユナイテッドの監督であるルイス・ファン・ハール氏である。幾つかのブックメーカーではそのオッズが急上昇しており、すでに4倍程度になっているという。

2016年夏にユナイテッドを解任されたファン・ハール氏は、それから所属クラブがない状況となっている。

また、『Canal+』は「エヴァートンはクリスティアン・グルキュフ氏に関心を抱いている」と報じている。ロリアン、アルジェリア代表、そしてレンヌを率いていたグルキュフ氏は、先日解任されてしまったためフリーの状態だ。

また、ショーン・ダイチェやサム・アラダイスの名前もメディアでは囁かれており、どの指導者が選ばれるのかはまだ不透明であるようだ。