9位:アスレティック・ビルバオ

イニゴ・マルティネス アスレティック・ビルバオ

支出:3200万ユーロ(およそ42.9億円)

バスク地方の選手しか獲得しないというクラブの哲学は、歴史的にも支出を制限するものになっている。

しかし今季はイニゴ・マルティネスをレアル・ソシエダから獲得し、3200万ユーロを支出することになった。

とはいえ、エメリク・ラポルトの放出によって6500万ユーロ(およそ87.2億円)を手に入れているため、その半額程度でしかない。