ドイツ・ブンデスリーガのレヴァークーゼンは、「ドイツ代表GKベルント・レーノが、アーセナルに移籍することが決まった」と公式発表した。

『BBC』の報道によれば、移籍金はおよそ2200万ユーロ(およそ28.2億円)。

ベルント・レーノは1992年生まれの26歳。シュトゥットガルトの下部組織出身だが、トップチームでの出場経験はない。

2011年にレヴァークーゼンと契約してブンデスリーガにデビューし、その後7シーズンに渡って絶対的なレギュラーとして活躍してきた選手だ。

アーセナルにはペトル・チェフとダビド・オスピナが所属しており、激しいポジション争いが予測される。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など