4位:アンテ・レビッチ(クロアチア)

アンテ・レビッチ クロアチア代表

彼自身にとっては2回目のワールドカップであるが、前回よりも明らかに楽しめるものになっているはずだ。

スピードとパワーを備えたウイングである彼は、4年前はただのバックアップだったが、ダリッチ監督の下でレギュラーに定着。アルゼンチン戦ではカバジェロのミスから重要な一点を決めた。

3位:アレクサンドル・ゴロヴィン(ロシア)

アレクサンドル・ゴロヴィン ロシア代表

アーセナルのファンにとっては報道でお馴染みの存在だっただろうが、それ以外の人々の間で有名ではなかった。しかし、今やその才能は世界全土に轟いている。

サウジアラビアとの開幕戦で大活躍を見せると、スペイン戦でもカウンターの起点として大切な役割を果たした。今夏のステップアップは間違いなし。