3シーズン在籍したエイバルを離れ、新たにレアル・ベティスへの入団が決まった乾貴士。

乾はアンダルシアの古豪を象徴する“Verdiblancos(緑と白)”のユニフォームを身にまとい、新シーズンのラ・リーガを戦う。

ここでは、そのベティスの過去20シーズン分の歴代ユニフォームを紹介しよう。“完全コンプリート”ではないが、ベティスの歴史上、重要なユニフォームを中心に23着をピックアップしている。

Kappa 1998-99 アウェイ ユニフォーム

レアル・ベティス 1998-99 ユニフォーム

テクニック溢れるドリブルが魅力だったデニウソンが入団したこのシーズンは、リーガを11位でフィニッシュ。ブラックを基調としたアウェイキットは、ベティスではそれほど多くない。

Kappa 1999-2000 ホーム ユニフォーム

エンブレムとメーカーロゴが縦並びパターンは、ベティスの歴代ユニフォームでもごくわずか。このシーズンはリーグを18位となり、2部へ降格している。ちなみに一緒に降格した残り2チームは、セビージャとアトレティコ・マドリーだった。

Kappa 2000-02 ホーム ユニフォーム

レアル・ベティス 2000-02 ユニフォーム

2部降格から1年で1部へ復帰し、リーグを6位で終えている。ユニフォームは2シーズンで着用した。ベティスは95年からKappaと契約しているが、初期のKappa製ユニフォームでは最も優れたデザインだ。画像の選手は当時21歳だったホアキン。