チームを支えるキーマンたち

採用される布陣は時々で変わっても、チームとしての方向性が統一されているのが片野坂体制のトリニータだ。それ故、「誰が出ても機能する」というのが特徴であるが、“背骨”として重要な役割を果たす選手たちがいる。

まずは、リベロの鈴木義宜だ。

主に3バックの右ストッパーを務めていた昨季とは異なり、今季は中央で最終ラインを統率。ゲームキャプテンとして腕章を巻く機会も増えた。

鈴木義宜

対人プレーの強さに磨きがかかり、鋭い縦パスで攻撃面でも存在感を発揮。フィールドプレーヤーでは唯一リーグ戦全試合出場を記録しており、文字通り不可欠な選手である。

その鈴木とともに全試合フル出場中の守護神・高木駿は、東京ヴェルディに移籍した上福元直人の穴をしっかりと埋めた。

高木駿

堅実なセービングや果敢な飛び出しはもちろん、ビルドアップでは正確なパスで後方からの組み立てで貢献。ハイプレスに遭ってもチャレンジする姿勢にはロマンを感じる。