現役引退後、指導者の道を歩み始めた元スペイン代表MFシャビ・アロンソ。

『Marca』によれば、彼は古巣であるレアル・マドリーのカンテラ(インファンティルA)の監督に就任する見込みとのこと。

アロンソは同じくレアルのレジェンドであるラウール・ゴンサレスらとともにUEFAのコーチングコースを完了。

今後1年間はアカデミーでの指導を経験する必要があるが、その後はどのカテゴリーでも指揮できるようになるとのこと。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】