『Sky』は26日、「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督とポール・ポグバの対立が映像に捉えられた」と報じた。

現在マンチェスター・ユナイテッドで険悪な関係になっていると言われているモウリーニョとポグバ。

先日行われたカラバオ・カップのダービー戦後にも、ポグバはチームのパフォーマンスについて「ホームにいるときは攻撃、攻撃、攻撃すべきだ。それがオールド・トラッフォードだ」と苦言を呈していた。

また、試合後にはポグバの副キャプテンが剥奪されたことをモウリーニョ監督が明かしており、ほぼ対立は公然のものであるように感じられた。

そして水曜日のトレーニングでは、こんな場面があったそうだ。

Skyの記事ではより長い映像も公開されており、モウリーニョが「ポール、出て行け」と口に出しており、広報のジョー・アレンに「ポールはいつInstagramに載せたのか?」などと言っていることが確認できる。

『Mirror』では行動学の専門家ジュディ・ジェームズによる分析結果を掲載しており、このように説明している。

「ポグバは他の2名の男性と暖かく挨拶をしているが、モウリーニョに向かうとヴォルデモートを目の当たりにしているかのように見つめている。

モウリーニョ監督がポケットに手を入れておくときの兆候は、丁寧に、あるいは暖かく挨拶をするのではなく、距離を置くための動作に見える」

ポグバはバルセロナへの移籍が噂されており、それらの噂もモウリーニョ監督の機嫌を損ねていると言われるが…。