ベネズエラ代表は本日、大分銀行ドームで行われるキリンチャレンジカップ2018で日本代表と対戦する。

彼らは南米唯一の野球王国として有名だが、昨年のU-20ワールドカップで準優勝に輝いた実績が示す通りサッカーのレベルも高い。現在は2022年カタール大会での悲願のワールドカップ初出場を目指し熱心に強化を行っているところだ。

ただ、その前に来年には南米一を決定するコパ・アメリカも開催される。この大会には日本代表も出場予定となっており、もしかしたら今回の試合はその前哨戦となるかもしれない。

そんなベネズエラの警戒すべき選手とは?「イブラより凄いヤツ」の正体も分かるぞ。

サロモン・ロンドン

サロモン・ロンドン

今夏、武藤嘉紀が所属するニューカッスルに加入したベネズエラ代表のエースストライカー。

「ソロモン王」「野獣」「グラディエーター」などの異名を持ち、その大柄な体躯を活かしたポストワークは迫力十分。PA内でのポジショニングも巧く、いとも簡単にゴールを奪う術を持つ。

20代の前半にマラガで2季連続二桁ゴールを記録し、一時期は欧州中のビッグクラブが獲得を狙ったほど。ただ大事な場面でシュートをふかすなどプレー自体の波が大きく、かつての期待値から考えればキャリアは伸び悩んでいると言える。

それでもその確かな能力と経験値から代表には欠かせない存在だ。