先日大きな話題になったチアゴ・モッタ氏(PSG U-19チーム監督)の哲学。ゴールキーパーを前に上げて「2-7-2」というシステムで戦っているというのだ。

その2-7-2システムに現在の強豪クラブを当てはめてみるとどんな並びになるのか?ちょっと試してみよう。

※選手選抜ルールについて

  • スタメン出場数が多い方から機械的に入れる
  • サイドの選手は基本的にMF、FW登録から選ぶ

アーセナル

2-7-2 アーセナル

キャプテンのチェフがドッシリと構える中盤。なんだか堅そう。

チェルシー

2-7-2 チェルシー

軽快なケパが前へ行き、前へのカバーリングに定評のあるダヴィド・ルイスが後ろもカバー。

リヴァプール

2-7-2 リヴァプール

セレソンの正GK、アリソンならばこのポジションも余裕でこなしてしまいそうである。