今週、欧州各地で行われるUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節。

国内リーグでは苦しむバイエルン・ミュンヘンだが、ホームにベンフィカを迎えると5-1で快勝した。

5点目を奪った後の後半36分に新人をデビューさせている。

彼は韓国人のチョン・ウヨン。ヴィッセル神戸などでプレーした元Jリーガーと同じ名前だが別人である。

こちらのチョン・ウヨンは、1999年生まれの19歳。17歳時点でバイエルンに引き抜かれた逸材だ。

ドイツ4部のバイエルンⅡで6ゴールをマークすると、先週末のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で初のベンチ入り。

その試合では出場はなかったが、CLでトップチームデビューすることになった。韓国メディアによれば、10代でのCLデビューは同国史上最年少記録になるそう。

なお、グループEではバイエルンとアヤックスの決勝トーナメント行きがすでに決まっている。