欧州各地でビッグゲームが行われた今週末。イタリアでも熱い一戦があった。

セリエA第15節、ラツィオ対サンプドリア戦は劇的な展開に。後半アディショナルタイム6分にラツィオがPKで勝ち越し。

これで勝負ありかと思われたAT9分、サンプMFリッカルド・サポナーラがジャンピングボレーで劇的な同点ゴールを決めたのだ。

その直後、彼はオリンピコに駆けつけたサンプサポのもとに駆け出したのだが…。

サポナーラ
サポナーラ

おしり丸出し!しかもタッチされてるし…。

サポナーラ
サポナーラ

82分に投入されて英雄になったサポナーラ。『sportmediaset』などによれば、2-2で終了した試合後にこう述べていたそう。

リッカルド・サポナーラ(サンプドリアMF)

「最高だね。PKでがっくりきたけれど、最後のロングボールを僕は信じ続けていた。

ゴール裏のファンたちのもとに走ったよ。彼らは僕の下着も投げそうになっていた!でも、これもゴールの喜びさ」

なお、ユニフォームとアンダーシャツはスタンドに到着する前に自分で脱ぎ捨てており、イエローカードも貰っている。