世界最高のクラブのひとつであるレアル・マドリーの主力になりつつあるブラジルの至宝ヴィニシウス・ジュニオール。

ピッチ上での振る舞いはもはや18歳とは思えないが、日常生活ではひとりの若者であるようだ。

『Extra』によれば、まだ車の免許を持っていないため、レアルの練習場へはチームメイトたちに送り迎えをしてもらっているそう。

ヴィニシウスは近くに住むカリム・ベンゼマ、セルヒオ・ラモス、マルセロ、カゼミロ、ルカ・モドリッチらの車に乗せてもらい練習に通っているとか。

そこでのコミュニケーションもピッチ上での連携につながっていたりするのだろうか。

CL4連覇を目指すレアルはラウンド16でアヤックスと対戦、14日に敵地での1stを戦う。