リーガ第25節、敵地でのレバンテ戦に1-2で勝利したレアル・マドリー。得点はどちらもPKによるものだった。

ただ、カゼミロが倒されて得た2本目は物議を醸している。

主審はPKのジャッジを下した後、VARからの音声を聞いていた。だが、結局はVARで確認することなく、ギャレス・ベイルにPKを蹴らせたのだ。

ただ、レアルDFダニ・カルバハルは明らかにPKだったと断言した。『Movistar+』によれば、試合後にこう述べたという。

ダニ・カルバハル(レアル・マドリーDF)

「自分は25メートルも離れていたが、キック(された音)が聞こえた」

この後、レアルは宿敵バルセロナとのエル・クラシコ2連戦を戦う。