エールディビジ第24節、フローニンゲン対VVVフェンロ戦で日本代表MF堂安律が退場になった。

後半10分に1枚目のイエローカードを受けると、後半43分に2枚目を提示され退場に…(動画2分40秒~)。

 

ボールを収めきれなかった後、咄嗟に出した足が相手のヒザ付近を直撃するという形だった。堂安がオランダで退場になるのはこれが初。

前半にはVVVの選手も退場になった一戦は、3-2でフローニンゲンが勝利している。『RTV Noord』によれば、ダニー・バイス監督は堂安についてこう述べていたという。

ダニー・バイス(フローニンゲン監督)

「(出場停止で)彼は1週間待たなくてはいけない。でも彼にとってはいいかもしれないね。

我々は彼が日本に飛ぶことで受けているものを過小評価しているのかもしれない。

彼はリカバーするためにこの休みを使えるよ」

【関連記事】 プレミアに合いそうなエールディビジのスター、6名

指揮官が言及していたのは代表戦での疲れなどについてだろうか。