マイケル・オーウェン

マイケル・オーウェン
マイケル・オーウェン

レアル・マドリーでの出場数:45試合

オーウェンはレアル・マドリーでの初年度で16ゴールを決めた。それは3試合に1回ネットを揺らしたという意味であり、悪くない成績でもある。

ただヨーロッパでも最も決定的なストライカーという評価と比べると、スーパーサブに留まったことは残念としか言えない。退団後はニューカッスルを経てマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたが、リヴァプール時代のトップフォームには戻ることはなかった。