ヌリ・シャヒン

ヌリ・シャヒン
ヌリ・シャヒン

レアル・マドリーでの出場数:10試合

2010-11シーズンにユルゲン・クロップ監督の下でブンデスリーガを制覇したボルシア・ドルトムントで、大きな役割を果たした中心選手の一人がヌリ・シャヒンだった。ドイツで栄光を味わったあと、レアル・マドリーへと引き抜かれた。

しかしそこでは怪我で調子を崩し、モウリーニョ監督からはほとんど出場機会が与えられず。リヴァプールへのローンも失敗し、古巣ドルトムントへの復帰も成功しなかった。今季はブレーメンでプレーしているが、往年の輝きは…。