ジネディーヌ・ジダン監督が復帰したレアル・マドリー。今季終了後にはチームの大改造があるとも噂されている。

そうした中、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルにバイエルン・ミュンヘン移籍の可能性が浮上したようだ。『Onet Sport』などが伝えている。

ドイツ王者バイエルンはアリエン・ロッベンとフランク・リベリが今季限りで退団する見込みで、エースFWロベルト・レヴァンドフスキにも移籍の噂がある。

そのため代役候補を真剣に探しているという。ベイルはプレミアリーグ復帰が報じられてきたが、バイエルンも獲得に興味を持っているようだ。

【関連記事】「ロッベンの後継者になりえる3人の天才レフティウィング」

レアルとバイエルンは良好な関係にあるほか、ベイルの関係者も前向きな発言をしたというが…。