『BBC』は18日、「ナポリのコロンビア代表GKダビド・オスピナが退院した」と報じた。

17日に行われたウディネーゼ戦の前半7分で頭部を負傷したオスピナ。その後もプレーを続けたものの、40分に突如意識を失いピッチに倒れた。

状態が心配されたものの、病院に運ばれたときには意識が戻っており、検査でも目立った異常は発見されなかったとのことだ。

医師からは数日間の休息を言い渡されており、コロンビア代表には合流しないと発表されている。

オスピナも自身のTwitterで以下のように投稿しており、サポートしてくれた人々への感謝を伝えている。

なお『BT Sport』によればこのオスピナの事件に対して慈善団体が抗議の声明を発表しているとのこと。

【関連記事】恐ろしい怪我や病気から戻ってきた14名の選手たち

前半7分の段階で頭部に大きな負傷をしていたにもかかわらずプレーを続けさせたことは、彼に大きな後遺症を残す危険を伴うものであった…という理由からだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら