17日に開幕した今季の日本フットボールリーグ(JFL)。昨季8位の奈良クラブは開幕戦でヴィアティン三重をホームに迎えたが、試合は0-1で敗れ黒星スタートとなった。

昨年末、クラブは運営体制を変更。母体として新たに株式会社奈良クラブを設立し、代表取締役社長にはスポンサー「中川政七商店」会長の中川政七氏が就任。J3昇格に向けて本気の改革が始まった。

そんなクラブの新ユニフォームは2月に発表。何かと話題を振りまく奈良のキットだが、今季も伝統柄を用いた古都のクラブらしいデザインとなった。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Nara Club 2019 Squadra Home

JFL 奈良クラブ 2019 ユニフォーム

NEWホームキットは伝統のブルーを基調。毎年、日本の伝統紋様をデザインする奈良のユニフォームだが、今季は江戸時代から「西の大和絣(やまとがすり)」と称えられてきた、奈良に伝わる織物の技法を取り入れている。

JFL 奈良クラブ 2019 ユニフォーム

クラブは2019年からエンブレムと共に、モダンなスタイルのクラブロゴを併用する。キットには縦糸と横糸が織りなす絣文様のように、クラブの新しい象徴である「N」をパターン化した。右上へと上昇していくデザインは、昇格への強い決意も表している。

これが新たに登場したクラブロゴ。イタリアの強豪ユヴェントスのエンブレムなどもそうだが、ブランドロゴのような“シンプルなアイコン”という流れは、今後も広がりを見せる可能性がある。